「ジャック・リーチャー」がテレビドラマ化

2018年11月20日

映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」より
映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」より
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 英作家リー・チャイルドの小説「ジャック・リーチャー」シリーズがテレビドラマ化されるようだ。同シリーズは、トム・クルーズ主演で映画「アウトロー」(2012/クリストファー・マッカリー監督)、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」(16/エドワード・ズウィック監督)の2本が製作されている。

 映画は、元アメリカ軍のエリート秘密捜査官ジャック・リーチャー(クルーズ)が、たった1人で難事件解決に挑む姿を描いたアクションサスペンス。米スカイダンス・プロダクションとクルーズ&ポーラ・ワグナーが製作、米パラマウント・ピクチャーズ配給で公開され、第1作は世界累計興行収入2億1830万ドル、第2作は1億6210万ドルを記録した。

 テレビシリーズ化について、米Deadlineによれば原作者チャイルドが契約交渉が進んでいることを認めており、クルーズ主演の映画はこれ以上製作の予定はなく、ドラマ版にクルーズが主演する可能性もないという。ドラマは、スカイダンス・テレビジョンがパラマウント・テレビジョンと共同で制作するようだ。チャイルドは、原作のジャックのイメージに近い、大きくがっしりした体躯の俳優が新たにキャスティングされるだろうと語っている。

 なお、スカイダンス・テレビジョンとパラマウント・テレビジョンは、作家トム・クランシーの人気キャラクターをジョン・クラシンスキー主演でリブートした、米アマゾンのドラマ「ジャック・ライアン」シリーズが高評価を得ている。