マーベルのNetflixドラマ「ルーク・ケイジ」シーズン2で終了

2018年10月22日

打ち切りが決定
打ち切りが決定
写真:Everett Collection/アフロ

 米ストリーミング大手Netflixで配信中のマーベル・ドラマ「ルーク・ケイジ」がシーズン2で打ち切られることが明らかになった。

 Netflixのマーベル・ドラマといえば、数日前に「アイアン・フィスト」のシーズン2での打ち切りが発表されたばかり。Netflixは各番組の視聴者数を発表しないのでこれらのドラマがどの程度の視聴者数を獲得していたのかは不明だが、同サービスで提供されているマーベル・ドラマのなかで、「アイアン・フィスト」と「ルーク・ケイジ」の評価が低いのは確か。ただし、これらのドラマを製作するマーベル・テレビジョンの親会社ウォルト・ディズニー社が、2019年に独自のストリーミング配信サービスの立ち上げを準備していることから、政治的な理由も絡んでいる可能性がある。

 Netflixは14年、マーベル・テレビジョンに「デアデビル」と「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」と、彼らが共演するミニシリーズ「ディフェンダーズ」の計60話の製作を2億ドルで発注。その後、「デアデビル」のスピンオフとして「パニッシャー」が追加された。「デアデビル」はシーズン3の配信が開始されたばかりで、「ジェシカ・ジョーンズ」はシーズン3、「パニッシャー」はシーズン2の製作が行われている。

関連ニュース