ライアン・マーフィのダンス・ミュージカルドラマ「Pose」、FXでシリーズ化

2018年1月15日

ライアン・マーフィ
ライアン・マーフィ
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic

 米ドラマ史上、トランスジェンダーのレギュラーキャストが最も多く出演する話題作「Pose」に、米ケーブル局FXがシリーズ化のゴーサインを出した。

 3月にパイロット版が制作された本作は、「glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」の人気クリエイター、ライアン・マーフィが手がけるダンス・ミュージカルドラマ。米EWによれば、1980年代のニューヨークを舞台に、エリートたちのハイソサエティと、トランスジェンダーたちのボールルーム・カルチャーの衝突を描く。

 半年に渡るオーディションにより選ばれたトランスジェンダーたちがレギュラー出演するほか、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)のキャスト、ほかにエバン・ピーターズケイト・マーラジェームズ・バン・ダー・ビークシャーレイン・ウッダードが出演する。FXはシーズン1・全8話の制作を決定しており、2018年夏にプレミア放送の予定。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com