ジョージ・クルーニー「キャッチ22」でテレビ界に復帰!

2017年11月20日

演出も務めたジョージ・クルーニー
演出も務めたジョージ・クルーニー
Photo by J. Merritt/WireImage

 ジョージ・クルーニーが、戦争映画をテレビシリーズ化する「キャッチ22」に出演することがわかった。米ハリウッドレポーターが報じている。クルーニーがテレビシリーズに出演するのは、1994~2009年にNBCで放送された「ER 緊急救命室」以来となる。

 「キャッチ22」は、米作家ジョセフ・ヘラーの第2次世界大戦中のアメリカ兵を描いた小説。1971年にアラン・アーキン、マーティン・バルサムらが出演し、マイク・ニコルズ監督のメガホンで映画化された。クルーニーは、当時バルサムが演じた出世欲が深いコル・キャスカート大佐を演じたほか、演出も兼ねた。

 今作は6話で構成されたリミテッドシリーズで、「LION ライオン 25年目のただいま」のルーク・デイビスと「奪還者」のデビッド・ミショッドが共同で脚本を執筆、パラマウント・テレビジョンとアノニマス・コンテンツが制作した。放送局やプラットフォームはまだ決定していないため、今後の争奪戦が予想される。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com