ドラマ版「赤毛のアン」2017年にNetflixで全世界配信決定

2016年9月5日

アンが時代を超越した さまざまな問題をめぐる冒険に出る
アンが時代を超越した
さまざまな問題をめぐる冒険に出る
写真提供:アマナイメージズ

 カナダのテレビ局CBCと制作会社ノースウッド・エンタテインメントが、世界最大級のオンラインストリーミングサービスNetflixと共同でカナダ人作家ルーシー・モード・モンゴメリーの名作小説「赤毛のアン」を原作にした新シリーズ「ANNE(原題)」の制作を発表した。来年にはNetflixが全世界に向けて配信し、カナダではCBCが放送する。

 ドラマは、よそ者の少女アンがさまざまな困難や課題に立ち向かいながら、自分の居場所を求めて懸命に生きる愛と青春の物語。1890年を舞台に、身寄りのないアンが孤児院や他人の家での不遇な幼少時代を経て、持ち前の生命力と知性、豊かな想像力で、里親はもちろん、町の人々の人生をも変えていくさまを描く。

 米大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」の脚本でエミー賞を受賞し、今作の脚本とショーランナーを務めるモイラ・ウォリー=ベケットは、アンの大ファンであることを公言し、「彼女の物語にさらに奥行きを持たせ、新しい世代に向けてストーリーを拡大できることは、この上なく喜ばしいこと」と歓喜。第1話を監督する気鋭ニキ・カーロ(「クジラの島の少女」)も、「誰もが知る稀代のキャラクターにこのように新鮮で大胆な形で命を吹き込む作品に関われることに、喜びと刺激と名誉を感じています」とコメントを寄せている。

 「ANNE (原題)」は、製作総指揮にウォリー=ベケットとともにドゥ・ペンシエ、アリソン・オーウェンデブラ・ヘイワードが名を連ねている。全8話で各1時間(第1話のみ2時間)。2017年にNetflixで全世界配信開始。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「TANG タング」原作者、二宮和也を絶賛「まさに想像通り」 三木孝浩監督との特別インタビュー

    1

    「TANG タング」原作者、二宮和也を絶賛「まさに想像通り」 三木孝浩監督との特別インタビュー

    2022年8月16日 10:00
  2. 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の“もっと楽しいバージョン” 札幌、名古屋、福岡でも上映決定!

    2

    「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の“もっと楽しいバージョン” 札幌、名古屋、福岡でも上映決定!

    2022年8月16日 14:00
  3. 「ONE PIECE FILM RED」公開10日間で興収70億円&動員500万人突破! シリーズ史上最高の興収&動員を記録

    3

    「ONE PIECE FILM RED」公開10日間で興収70億円&動員500万人突破! シリーズ史上最高の興収&動員を記録

    2022年8月16日 12:43
  4. 「なにわ男子」高橋恭平、映画初主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」実写映画化 ヒロインは畑芽育

    4

    「なにわ男子」高橋恭平、映画初主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」実写映画化 ヒロインは畑芽育

    2022年8月16日 07:00
  5. 「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」クリエイター新ドラマをめぐり争奪戦勃発

    5

    「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」クリエイター新ドラマをめぐり争奪戦勃発

    2022年8月16日 11:00

今週