スティーブン・キング原作「ミスト」テレビドラマ化が決定

2016年3月8日

今度はドラマに……
今度はドラマに……
写真提供:アマナイメージズ

 フランク・ダラボン監督の映画版「ミスト」(2007)でも知られる、スティーブン・キングの中編小説「霧(原題:The Mist)」のテレビドラマ化が決定した。ケーブルテレビ局Spikeが、このほど同作のパイロット版を発注したという。

 ドラマ版は、映画版を手がけたワインスタイン・カンパニー傘下のディメンション・テレビジョンが制作し、デンマークの人気テレビシリーズ「Rita(原題)」を手がけるクリスチャン・トープがパイロット版の脚本とプロデュースを手がける。

 「ミスト」は、不気味な深い霧に包まれた町の住民たちに、霧の中に潜んだ正体不明の生物が襲いかかるSFホラー。映画版は、原作とは異なる衝撃のラストにより、見たあとに落ち込む「鬱(うつ)映画ランキング」の常連となっている。ドラマ版は、映画版とは異なるキャラクターによるストーリーが展開される見込みだ。