女版ヴァン・ヘルシングが主人公の新ドラマ、主演にケリー・オーバートン

2016年2月25日

ケリー・オーバートン
ケリー・オーバートン
Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic/Getty Images

 米Syfyの新ドラマシリーズ「ヴァン・ヘルシング(原題)」のキャストが固まった。ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸血鬼&モンスターハンターのヴァン・ヘルシング教授の女版である主人公には、「TEKKEN 鉄拳」「トゥルーブラッド」のケリー・オーバートンが起用された。

 全13話からなる同シリーズは、ヴァン・ヘルシング教授の子孫であるバネッサ・ヴァン・ヘルシング(オーバートン)が、吸血鬼に支配された近未来の世界で人類を率いて戦うという設定。「ウィッカーマン」のニール・ラビュートがショーランナーと脚本を務める。

 ほか、ジョナサン・スカーフクリストファー・ハイアーダール、ポール・ヨハンソン、デビッド・キュービットティム・ギニーらが共演する。今秋の放送開始を予定している。

 ヴァン・ヘルシング教授は、これまでピーター・カッシングローレンス・オリビエアンソニー・ホプキンスらが演じてきたほか、2004年にはヒュー・ジャックマン主演で映画「ヴァン・ヘルシング」が製作されている。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com