実写ドラマ版「スター・ウォーズ」の実現の可能性が低い理由

2016年2月1日

ジョージ・ルーカス企画の実写 ドラマ版は実現の可能性薄か?
ジョージ・ルーカス企画の実写
ドラマ版は実現の可能性薄か?
Photo by Shahar Azran/WireImage/Getty Images

 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の記録的なヒットで映画版が軌道にのったいま、実写ドラマ版「スター・ウォーズ」に期待が寄せられている。テレビでは現在、アニメ番組「スター・ウォーズ 反乱者たち」が放送中だが、ファンの注目はジョージ・ルーカス自らが企画した実写ドラマ「スター・ウォーズ アンダーワールド」だ。

 同作は、「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」のあいだの時代を舞台に、都市惑星コルサントの地下社会を描くクライムドラマで、かつてプロデューサーのリック・マッカラムは宇宙を舞台にした「ゴッドファーザー」と説明していた。ルーカスは100話分もの脚本を用意していたといわれるが、実現に至らないまま、ルーカスフィルムをウォルト・ディズニーに売却している。

 ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長はこのほど、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のプロモーションで同企画を検討しているとコメントしたことから、ネットでは「エピソード8」が公開される2017年には放送開始となるのではないかと期待が高まっている。しかし、TV Lineの調査によれば、具体的な動きはまるでないようだ。ディズニー傘下、米ABCのポール・リー社長は「彼ら(ルーカスフィルム)は映画に集中しています」と準備が行われていないことを証言。ルーカスフィルムも、「弊社がいま集中しているテレビは、アニメ(『スター・ウォーズ 反乱者』)です」と返答している。

 ディズニーは09年にマーベルを買収後、映画だけでなく実写ドラマを積極的に展開。米ABCでは「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」などを放送している。なぜ「スター・ウォーズ」の実写ドラマ化に消極的なのか。

 匿名を条件に取材に応じた関係者は、「スター・ウォーズ」のブランド価値を維持するためのディズニーの戦略であると分析。「スター・ウォーズ」が日常的にテレビドラマとして視聴できるようになると、肝心の映画への関心が薄れるリスクがある。また、ルーカスフィルムがテレビドラマ版を託せるクリエイターが存在しないことも理由として考えられる。

 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を成功に導いたJ・J・エイブラムスはドラマのヒットメーカーとしても知られているが、ワーナー・ブラザーズ・テレビジョンと契約を結んでいるため、「スター・ウォーズ」のドラマに関わることができない。これらの問題が解消されない限り、実現の見込みは低そうだ。