SFノワール「オルタード・カーボン」がNetflixでドラマ化

2016年1月25日

オリジナルドラマを続々配信中のNetflix
オリジナルドラマを続々配信中のNetflix
写真:AP/アフロ

 リチャード・モーガンのSFノワール小説「オルタード・カーボン」が、Netflixでドラマ化されることが明らかになった。

 「オルタード・カーボン」は、肉体を簡単に乗り換えられるようになった未来を舞台に、死亡事件の調査を依頼された受刑囚の主人公タケシ・コバッチを描くSFハードボイルド小説だ。「シャッター アイランド」「ターミネーター:新起動 ジェニシス」の脚本家レータ・カログリディスが、自らの製作会社ミソロジー・エンタテインメントを通じて4年前に映像化権を獲得。自らパイロット版の脚本を執筆し、ドラマ化を目指してきた。

 Deadlineによれば、Netflixは10話の製作を発注。カログリディスが製作総指揮を務め、スカイダンス・テレビジョンが製作を手掛けることになる。