アレクサンダー・スカルスガルド、ママ友サスペンスでニコール・キッドマンの夫役に

2016年1月13日

「ビッグ・リトル・ライズ」で“パーフェクト”夫婦に
「ビッグ・リトル・ライズ」で“パーフェクト”夫婦に
Photo by Gary Gershoff/WireImage/Getty Images
写真:Splash/アフロ

 ハリウッドで活躍するスウェーデン人俳優のアレクサンダー・スカルスガルドが、米HBOのミニシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ(Big Little Lies)」でニコール・キッドマンの夫役を演じることがわかった。

 原作はリアン・モリアーティの同名小説で、幼稚園に通う子どもをもつ3人のママ友の関係がこじれ、殺人に発展するサスペンス。ドラマでは主人公3人のうち、7歳の双子の母親セレステをキッドマン、バツイチで10代の娘を持つマデリーンをリース・ウィザースプーンが演じ、「ダイバージェント」シリーズのシャイリーン・ウッドリーが新入りのシングルマザー、ジェーン役でまもなく契約を結ぶとみられている。

 米Deadlineによれば、スカルスガルドが演じるペリー・ライトは、成功したビジネスマンであり、良き父親であり、献身的な夫という役どころ。そのほかのキャストには、アダム・スコットやローラ・ダーン、ゾーイ・クラビッツらが決定しており、このほど「リベンジ」のジェームズ・タッパーが、ウィザースプーン演じるマデリーンの元夫ネイサン役で出演することになった。

 「アリー・myラブ」や「ボストン・リーガル」といった人気ドラマで知られるヒットメーカーのデビッド・E・ケリーが制作総指揮・脚本を務め、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとる。米TV Lineによれば8エピソードで構成され、今月撮影が始まるという。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com