Netflix、新たに130カ国でサービス開始

2016年1月12日

米ストリーミング大手Netflix
米ストリーミング大手Netflix
写真:AP/アフロ

 昨年9月に日本でサービス提供を開始した米ストリーミング大手Netflixが、新たに130カ国でサービスを開始したとDeadlineが報じた。

 米ラスベガスで開催されているコンスーマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に、同社のリード・ヘイスティングス代表取締役が出席。この場で、ベトナム、インド、ナイジェリア、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、シンガポール、韓国、トルコ、インドネシアなど130カ国でサービスを開始したことを発表。会場に詰めかけた観客に「あなたたちは、いまグローバルテレビネットワークの誕生を目の当たりにしている」と高らかに宣言した。

 ただし、今回の130カ国のなかに中国は含まれておらず、「これまで通り、選択肢を模索している」状態だという。また、クリミア、北朝鮮、イランなど、米政府が規制を課している国も含まれていない。Netflixはオリジナルコンテンツの製作に一層注力しており、今年は600時間分以上の新コンテンツが配信される予定。なお、現在のNetflixが世界に抱える会員は約7000万人だという。