フュリオサもランクイン!タイム誌が選ぶ「今年最も影響力のあった架空のキャラ16組」

2015年12月15日

1位はタラジ・P・ヘンソン扮する クッキー・ライオン
1位はタラジ・P・ヘンソン扮する
クッキー・ライオン
写真:Everett Collection/アフロ

 米タイム誌が、2015年に最も影響力のあった架空のキャラクター16組を選び出した。その作品が大ヒットしたり、人々の話題に上がったり、メディアやSNSをにぎわせたりしたキャラクターばかりだ。

 第1位に選ばれたのは、今年放送を開始し、大ヒットを記録しているヒップホップドラマ「Empire 成功の代償」のクッキー・ライオン(タラジ・P・ヘンソン)。

 クッキーは、天才ヒップホップシンガーとして成功をおさめ、スラム街から大手レコード会社「エンパイア社」のCEOへと成り上がったルシウス・ライオン(テレンス・ハワード)の元妻。余命宣告を受けたルシウスが、3人の息子のひとりに“帝国”の王座を譲ろうとするなか、17年の服役生活から出所して突然姿を現し、後継者争いに参加する。その強烈なキャラクターと派手なファッションは、今年大いに注目を集めた。

 16組は以下の通り。

1.クッキー・ライオン(タラジ・P・ヘンソン) ドラマ「Empire 成功の代償」
2.ミニオンズ アニメ映画「ミニオンズ」
3.ヒラリー・クリントン(ケイト・マッキノン) 「サタデー・ナイト・ライブ」のパロディ
4.アティカス・フィンチ(グレゴリー・ペック) 映画「アラバマ物語」の原作小説の続編(ハーパー・リー著)が今年出版され、物議を醸した。
5.フュリオサ大隊長(シャーリーズ・セロン) 映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
6.ジョン・スノウ(キット・ハリントン) ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」
7.カナシミ(声:フィリス・スミス) アニメ映画「インサイド・ヘッド」
8.アレクサンダー・ハミルトン(リン=マニュエル・ミランダ) ミュージカル「ハミルトン」
9.マーク・ワトニー(マット・デイモン) 映画「オデッセイ」
10.カタストロフィ(テイラー・スウィフト) MV「Bad Blood」
11.クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン) 映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
12.ジェシカ・ファン(コンスタンス・ウー) ドラマ「フレッシュ・オフ・ザ・ボート」
13.ステラ・カーリン(ルビー・ローズ) ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」
14.グレン・リー(スティーブン・ユァン) ドラマ「ウォーキング・デッド」
15.プート・ロバート
16.デフ・シャー(アジズ・アンサリ) ドラマ「マスター・オブ・ゼロ」

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com