カート・ボネガット「猫のゆりかご」ミニシリーズ化に「ファーゴ」クリエイター

2015年12月7日

「ファーゴ」クリエイターのノア・ホーリー
「ファーゴ」クリエイターのノア・ホーリー
写真提供:アマナイメージズ

 1963年に発表された米作家カート・ボネガットのSF小説「猫のゆりかご(原題:Cat’s Cradle)」を、米FXがミニシリーズ化することになったと米Deadlineが報じた。

 「猫のゆりかご」は、水を室温で個体に変える物質「アイス・ナイン」と、ボコノン教という宗教のふたつの題材を中心に、シニカルなユーモアに満ちた文章で世界の終末を描いたSF長編。ボネガットの出世作と言われている。

 「猫のゆりかご」のテレビシリーズ化に関しては、今年5月に米IMグローバル・テレビジョンが同作のテレビ化権を獲得したことが報じられていたが、このほど放送局が決定したのと同時に、同じFXのテレビシリーズ「FARGO/ファーゴ」のクリエイター、ノア・ホーリーが脚色と制作総指揮にあたることになった。キャストは未定。