「ビッグバン★セオリー」女優ケイリー・クオコがプロテニス選手の夫と離婚

2015年10月8日

2年足らずで終止符
2年足らずで終止符
Photo by Michael Tran/FilmMagic

 人気コメディシリーズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」のヒロイン役で知られる米女優のケイリー・クオコが、プロテニス選手のライアン・スウィーティングと離婚することが明らかになった。2013年の大晦日に交際6カ月でゴールインしてから約21カ月での破局となった。

 米US誌は9月25日(現地時間)、現在29歳のクオコと28歳のスウィーティングが結婚生活にピリオドを打つことで合意したというコメントをクオコの代理人から入手。同日ロサンゼルス上級裁判所へ提出された離婚申請書の内容がこのほど明らかになり、離婚の理由が「和解しがたい不和」だったことがわかった。扶養手当や財産分与に関しては、婚前契約が交わされているという。

 離婚の発表の直前に自身のInstagramアカウントからスウィーティングが写った写真をすべて削除していたクオコだが、経済誌フォーブスの「2015年版最も稼いだテレビ女優」で「モダン・ファミリー」のソフィア・ベルガラと並び第1位にランクインするなどキャリアのほうは絶好調。週末は家族や女友だちとディナーしたり、プロテニス選手のボブ&マイク・ブライアン兄弟が主催するチャリティイベントに顔を出したりと、楽しく過ごしていたようだ。

 「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」シーズン7は、10月2日からスーパー!ドラマTVで日本初放送。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com