「スター・トレック」50周年記念クルーズ2017年出航!ウィリアム・シャトナーがホストに

2015年8月20日

カーク船長と一緒にクルージング
カーク船長と一緒にクルージング
写真提供:アマナイメージズ

 人気SFドラマ「スター・トレック」シリーズ初の公式クルーズツアーが2017年に開催されることになり、テレビシリーズ第1弾「宇宙大作戦」のカーク船長役でおなじみの俳優ウィリアム・シャトナーがホストを務めることがわかった。

 6泊7日でカリブ海を周遊する「Star Trek: The Cruise」は、1966年9月にスタートした同シリーズの50周年記念の一環として催行される。クルーズ船ノルウェージャン・パール号は1月9日に米フロリダ・マイアミを出発し、メキシコのコスメル、バハマのグレート・スターラップ・ケイとナッソーをめぐり、1月15日フロリダに帰港。船内では、出演者による催し物や、映画の上映、「スター・トレック」関連のボードゲームのトーナメントなどさまざまなイベントが行われる。

 シャトナーは、「ワクワクしています。私が参加することで、ファンの皆さんに楽しんでもらえると思いました」とコメントを発表しており、そのほかにも、「新スター・トレック」シリーズのマリナ・サーティスジョナサン・フレイクスデニース・クロスビージョン・デ・ランシー、「スター・トレック ヴォイジャー」のロバート・ピカード、「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン」のジェームズ・ダーレンら、歴代クルーが乗船し、ファンをもてなす。

 1人あたりの参加費は客室によって異なり、975~1400ドル(約12~17万円)の個室から、バルコニーやガーデンスペースのついた「ヘブン・ガーデンビラ」スイートルーム7500ドル(約93万円)まで用意されている。ツアーの詳細は公式ホームページ(http://startrekthecruise.com/)に掲載されている。

 クリス・パインザッカリー・クイントが出演する、リブート版映画シリーズ第3弾「スター・トレック・ビヨンド(原題)」は16年7月8日に全米公開予定。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com