ジム・キャリーがテレビドラマに進出

2015年8月20日

ジム・キャリー
ジム・キャリー
写真提供:アマナイメージズ

 ジム・キャリーが「I’m Dying Up Here」でテレビドラマに進出することになったと、バラエティが報じた。

 黄金時代といわれる70年代のスタンダップコメディ界を描く同名フィクション(William Knoedelseder著)のドラマ化で、米有料チャンネルのSHOWTIMEはパイロット版の制作にゴーサインを出したばかり。デビッド・フレボット(「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」)が脚本を執筆し、「ウォーム・ボディーズ」のジョナサン・レビンがパイロット版を演出することになる。

 ジム・キャリーは製作総指揮も務めることになるという。「HOMELAND」のヒット以来、SHOWTIMEはオリジナルドラマ制作に力を入れており、「レイ・ドノバン ザ・フィクサー」「マスターズ・オブ・セックス」「ペニー・ドレッドフル」「The Affair」「シェイムレス 俺たちに恥はない」などの企画を抱えている。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com