バチカン舞台の新ドラマでジュード・ロウ&ダイアン・キートン共演

2015年8月13日

ジュード・ロウとダイアン・キートン
ジュード・ロウとダイアン・キートン
Photo by Jeffrey Mayer/WireImage/Getty Images、
Photo by Michael Kovac/Getty Images for AFI

 ジュード・ロウがローマ教皇役で主演する新ドラマシリーズ「Young Pope」に、ダイアン・キートンの出演が決定した。

 同作は、「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のパオロ・ソレンティーノ監督が手がける注目のドラマで、米HBOと英スカイ、仏カナル・プリュスが共同で製作。史上初のアメリカ人ローマ教皇を主人公にした物語で、全8話の演出をソレンティーノ監督が手がけることになる。

 米バラエティによれば、キートンが演じるのは、バチカンで暮らすアメリカ人修道女シスター・メアリー。キートンがドラマシリーズにレギュラー出演するのは本作が初となる。