「スーパーガール」テレビドラマ化が正式決定

2015年5月18日

メリッサ・ブノワ
メリッサ・ブノワ
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic/Getty Images

 DCコミック原作「スーパーガール」のテレビドラマ化が正式決定したと、米バラエティが報じた。

 「スーパーガール」は、「スーパーマン」の女性版として1959年にアクション・コミックスに誕生し、その後、アニメや映画、テレビドラマに登場する人気キャラクターだ。今回新たに製作される実写ドラマ版は、スーパーマンの従姉妹で地球上ではキャラ・ダンバースとして暮らす24歳の女性が、スーパーヒーローとして活躍する姿を描く。

 ヒロインを演じるのは「Glee」や「セッション」のメリッサ・ブノワで、1984年に公開された映画版「スーパーガール」でタイトルロールを演じたヘレン・スレイターもレギュラー出演するという。製作総指揮を手がけるのは、「ARROW」「フラッシュ」などDCコミック原作のドラマを手がけているグレッド・バーランティ。製作はワーナーブラザースTV。米CBSで今秋放送開始予定。