「セッション」J・K・シモンズ&「イミテーション・ゲーム」監督、新ドラマでタッグ

2015年4月27日

J・K・シモンズとモルテン・ティルドゥム監督
J・K・シモンズとモルテン・ティルドゥム監督
Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images
Photo by Ethan Miller/WireImage/Getty Images

 「セッション」(公開中)の鬼教師役でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズが、米Starzネットワークの新ドラマシリーズ「Counterpart(原題)」に主演することがわかった。米Deadlineによれば、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督が、第1・2話のメガホンをとる。

 「Counterpart(原題)」は、官僚的な国連組織で働くしがない老職員ハワード・シルク(シモンズ)が、組織がひた隠す並行次元にまつわる秘密を知るというSFスリラー。ドラマは、ハワードと向こう側の世界に住むプライム(シモンズ)の目線で描かれる。

 脚本は、実写版「ジャングル・ブック」のジャスティン・マークスが執筆。シモンズ、ティルドゥム、マークスが制作総指揮を務め、メディア・ライツ・キャピタル、アノニマス・コンテント、ギルバート・フィルムズがプロデュースする。