リメイク版「クロウ」、ルーク・エバンス代役に旬の俳優ジャック・ヒューストン

2015年3月24日

リメイク版「クロウ」主演に抜てき されたジャック・ヒューストン(右)
リメイク版「クロウ」主演に抜てき
されたジャック・ヒューストン(右)
写真提供:アマナイメージズ、写真:WENN/アフロ

 カルト映画「クロウ 飛翔伝説」(1994)のリブート企画から降板したルーク・エバンスの代役に、ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」で注目を集めた英俳優ジャック・ヒューストンが抜てきされた。ヒューストンは、「ベン・ハー」を再びリメイクする新作にも主演が決定している。

 故ブランドン・リーさんの遺作「クロウ 飛翔伝説」は、ジェームズ・オバー氏のコミック「ザ・クロウ」を原作に、死の淵からよみがえったダークヒーロー、エリックの復しゅう劇を描く「クロウ」シリーズの第1作。主演のリーさんが撮影中の発砲事故により命を落としながら、CG合成により完成にこぎつけ、ヒットを飛ばしたことで知られている。その後も「ザ・クロウ」(バンサン・ペレーズ主演)、「クロウ 復讐の翼」(エリック・メビウス主演)、「クロウ 真・飛翔伝説」(エドワード・ファーロング主演)など幾度となく映像化された。

 今回のリブート版は、主演候補だったエバンスが本作のスケジュール遅延を理由に降板して製作が危ぶまれていたが、ヒューストンが主人公エリック役に決定した。また、英メトロ紙によれば、エリックの殺された恋人シェリー役を、ドラマ「ダウントン・アビー」の英女優ジェシカ・ブラウン・フィンドレイが演じるという。

 監督は、長編初メガホンをとったホラー「The Hallow(原題)」が今年のサンダンス映画祭で話題になった新鋭コリン・ハーディで、夏前には撮影に入る見込みだ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com