ザッカリー・クイント、「ハンニバル」シーズン3にゲスト出演

2015年3月17日

ザッカリー・クイント
ザッカリー・クイント
写真提供:アマナイメージズ

 「羊たちの沈黙」などに登場する殺人鬼ハンニバル・レクターの若き日を描く米NBCのドラマシリーズ「ハンニバル」のシーズン3に、「スター・トレック」「HEROES/ヒーローズ」で知られる米俳優ザッカリー・クイントがゲスト出演することがわかった。「ハンニバル」のクリエイターのブライアン・フラーは、「HEROES/ヒーローズ」の脚本家のひとりでもあり、クイントとは再タッグとなる。

 「ハンニバル」は、シリアルキラーとして悪名を馳せる以前の天才精神科医レクターと、FBI捜査官ウィル・グレアム(「レッド・ドラゴン」)の関係を中心に描く犯罪ドラマ。マッツ・ミケルセンがレクター、ヒュー・ダンシーがグレアム、またローレンス・フィッシュバーンがグレアムの上司ジャック・クロフォードを演じる。

 米エンターテインメント・ウィークリー誌によれば、クイントは、「X-ファイル」のジリアン・アンダーソン扮するレクターのセラピスト、ベデリア・デュ・モーリア博士の患者役で、少なくとも1エピソードにゲスト出演する。

ハンニバル」シーズン3は、6月4日の全米初回放送を予定。ちなみに、6月以降、「ハンニバル」の前の時間帯では、チャールズ・マンソンを題材にしたデビッド・ドゥカブニー主演の新ドラマ「アクエリアス(原題)」が放送されることになり、復活が決定した「X-ファイル」ファンには、まずはドゥカブニーとアンダーソンを別々のドラマで続けて見る楽しみもありそうだ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com