テレビ版「マイノリティ・リポート」にダニエル・ロンドン!映画版と同役で出演

2015年3月2日

ダニエル・ロンドン
ダニエル・ロンドン
写真提供:アマナイメージズ

 フィリップ・K・ディックの原作を、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演で映画化した「マイノリティ・リポート」(2002)のテレビドラマ化が進行中だが、映画版に出演した米俳優ダニエル・ロンドンが、同じ役どころでテレビ版にも参加することがわかった。

 映画「マイノリティ・リポート」は、プリコグと呼ばれる殺人予知能力を持つ者たちのおかげで、犯罪発生率が減少した近未来のワシントンD.C.が舞台。プリコグを統括する犯罪予防局の刑事(クルーズ)が、自らの殺人を予知され、逃亡をはかるというSFアクション大作だ。

 テレビシリーズは、映画の10年後が舞台で、プリコグのひとりと女性刑事がタッグを組んで活躍するという設定。米Deadlineによれば、映画版でロンドンが演じた子どもたちの世話人ウォリーは、主役のふたりをアシストする役どころだという。その他のキャストは現在のところ未定。

テレビ版「マイノリティ・リポート」は、米Foxネットワークの制作で、「GODZILLA」のマックス・ボレンスタインがパイロット版の脚本を執筆している。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com