「死霊のはらわた」続編TVシリーズ、2015年に放送へ ライミ&B・キャンベルが復帰

2014年11月18日

サム・ライミ監督とブルース・キャンベルが復帰!
サム・ライミ監督とブルース・キャンベルが復帰!
写真:Album/アフロ

 スプラッターホラーの傑作「死霊のはらわた(1981)」シリーズの続編となるテレビシリーズ「Ash vs. Evil Dead」が、2015年の放送開始を目指して制作されることになった。

 米バラエティによれば、同作の生みの親であるサム・ライミ監督はプロデュースと脚本、および少なくとも第1話の演出を手がけ、映画版で主人公アッシュを演じた盟友ブルース・キャンベルが再び同役で主演する。米Starzネットワークが制作し、1シーズンは30分×10話を予定。

 テレビシリーズの舞台は、第1作から30年後。大人になろうとせず、無責任な生き方をしてきたお調子者のアッシュが、人類全体が危機に直面して、ついに立ち上がるという設定だという。

 スプラッターブームの火付け役となった「死霊のはらわた(1981)」は、これまで第2弾「死霊のはらわたII」(87)、第3弾「キャプテン・スーパーマーケット」(92)が製作された。13年には、フェデ・アルバレス監督によるリメイク版「死霊のはらわた」が公開されている。