故フィリップ・シーモア・ホフマン主演ドラマ、代役にスティーブ・クーガン

2014年11月5日

英脚本家・コメディアンのスティーブ・クーガン
英脚本家・コメディアンのスティーブ・クーガン
Photo by Mike Windle/Getty Images for Weinstein Co

 米ショウタイムの新ドラマ「Happyish(原題)」に、英脚本家・コメディアンのスティーブ・クーガンが主演することになった。同作は、今年2月に死去した名優フィリップ・シーモア・ホフマンさんがパイロット版に主演していた。

 米Deadlineによれば、ショウタイムは今年1月に同作をシリーズ化することを決定した。しかし、ホフマンさんが急逝したため、制作中止も検討した末に続行を決め、代わりの主演俳優を探してきた。スケジュールが大幅に変更となったことから、主役以外のパイロット版キャストも白紙となったが、ホフマンさんの妻役を演じたキャスリン・ハーンは再び出演交渉に入っているようだ。

 ダークコメディ「Happyish(原題)」は、44歳の主人公トム・ペイン(クーガン)が、IT用語を駆使する25歳の若造の下で働くことになり、自身も変化が必要なのか、幸せとは何なのかを模索する姿を描く。今年12月からニューヨークで撮影される。