DCコミック原作「スーパーガール」がテレビドラマ化

2014年10月2日

1984年の映画版場面写真
1984年の映画版場面写真
写真:Album/アフロ

 「スーパーガール」がテレビドラマ化されることになったと、バラエティ誌が報じた。

 スーパーガールとは、スーパーマンの従妹キャラ・ゾー・エルとしてDCコミックに登場したキャラクターで、1984年にヘレン・スレイター主演で映画化されたことがある。製作総指揮は「ARROW」や新ドラマ「The Flash」などDCコミック原作のテレビドラマでヒットを飛ばしているグレッグ・バーランティで、米主要ネットワークのひとつであるCBSはパイロット版を待たずに、制作にゴーサインを出したという。スーパーガール役は未定。

 なお、現在、米ABCはマーベルコミック原作の「Marvel’s Agents of SHIELD」とスピンオフの「エージェント・カーター」、米NBCはDCコミック原作の新ドラマ「コンスタンティン」、米FOXもDCコミック原作の新ドラマ「Gotham」と、米テレビではアメコミ原作ドラマが増えつつある。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com