「キャプテン・アメリカ」のスピンオフ「エージェント・カーター」がドラマ化

2014年5月20日

ヘイリー・アトウェル
ヘイリー・アトウェル
photo by Fred Duval/FilmMagic

 「キャプテン・アメリカ」のスピンオフ「エージェント・カーター」が、テレビドラマ化することになったと米ハリウッド・レポーターが報じた。

 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」に登場したペギー・カーターを主人公にしたドラマ。恋人のキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースが行方不明になった後、カーターがスパイとして頭角を現していく姿を描く。「アイアンマン3」のDVDに収録された短編がもとになっており、ドラマ版でも映画と同様、ヘイリー・アトウェルがカーターを演じることになる。

 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のクリストファー・マルクスとスティーブン・マクフィーリーが脚本を執筆。同ドラマを放送する米ABCは、「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「Marvel’s Agents of S.H.I.E.L.D」も放送しており、「Marvel’s Agents of S.H.I.E.L.D」の放送休止時に「エージェント・カーター」を放送する予定だという。