映画版「ヴェロニカ・マーズ」、劇場公開と同時にオンデマンド放送を開始

2014年3月7日

人気テレビシリーズを映画化
人気テレビシリーズを映画化
写真:Photofest/アフロ

 映画版「ヴェロニカ・マーズ」が、全米公開と同時にオンデマンド配信されることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 同作は、2004年から07年に放送されたテレビシリーズの映画化で、アマゾン傘下のクラウドファンディングサービス「キックスターター」を通じて資金集めを行ったことで知られる。配給のワーナー・ブラザースは、3月14日の全米公開と同時に、ビデオオンデマンドでの有料配信を決定した。

 通常このような展開は、劇場の観客動員が減るとして興行側が許さないが、今回はワーナーが全米約270館の劇場を借りて自ら上映を行うため問題はないという。「ヴェロニカ・マーズ」は映画の資金集めだけでなく、配給方式まで新たな挑戦を行う作品となった。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com