アメリカのドラマ脚本家のギャラはいくら?

2014年1月6日

3年間で2500万~3000万ドルの大型契約を 結んだ脚本家マシュー・ワイナー
3年間で2500万~3000万ドルの大型契約を
結んだ脚本家マシュー・ワイナー
Photo by David Livingston/Getty Images

 アメリカのテレビ脚本家は、どれだけのギャラを貰っているのだろうか。気になる裏事情を、米ハフィントン・ポストが調査した。

 米脚本家組合(WGA)が定める最低賃金によれば、1年に20週以上の契約を要するドラマで執筆した場合、一番下のランクである「スタッフ・ライター」であれば1週間で3703ドル、それ以上の立場になると1週間で6036ドルだ。ネットワーク局のドラマは1シーズンあたり22話前後を制作するので、労働期間は26週となる。すると、スタッフ・ライターで年収9万6000ドル、さらに上の立場になると年収15万7000ドルとなる。

 これはあくまで最低賃金で、脚本家チームを率いる「ショーランナー」になると、テレビ局側との交渉で決まる。「マッドメン」のショーランナーであるマシュー・ワイナーは、3年間で2500万~3000万ドルという大型契約を結んでいる。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「ストレンジャー・シングス」シーズン4の新キャストが発表

    1

    「ストレンジャー・シングス」シーズン4の新キャストが発表

    2021年6月16日 09:00
  2. 木村拓哉、全編英語の国際ドラマ「THE SWARM」に出演!「GoT」共同制作総指揮が手掛ける新作海洋SFサスペンス

    2

    木村拓哉、全編英語の国際ドラマ「THE SWARM」に出演!「GoT」共同制作総指揮が手掛ける新作海洋SFサスペンス

    2021年6月16日 05:00
  3. 「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」コロナ後初の北米興収1億ドル突破作品に

    3

    「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」コロナ後初の北米興収1億ドル突破作品に

    2021年6月16日 11:00
  4. Koki,「恐怖の村」シリーズ第3弾「牛首村」で女優デビュー! 清水崇監督が太鼓判

    4

    Koki,「恐怖の村」シリーズ第3弾「牛首村」で女優デビュー! 清水崇監督が太鼓判

    2021年6月16日 18:00
  5. レモンソーダ男子降臨! ラウールが吉川愛にキラーワードを連発「ハニーレモンソーダ」映像集

    5

    レモンソーダ男子降臨! ラウールが吉川愛にキラーワードを連発「ハニーレモンソーダ」映像集

    2021年6月16日 07:00

今週