米で生放送されたドラマ版「サウンド・オブ・ミュージック」が大ヒット

2013年12月16日

永遠の名作がドラマに
永遠の名作がドラマに
写真提供:アマナイメージズ

 12月5日に米NBCが生放送した「サウンド・オブ・ミュージック」が、視聴者数1862万人という高視聴率を叩き出したと、米バラエティが報じた。

 同番組は、ミュージカル劇「サウンド・オブ・ミュージック」を生放送でドラマ化する野心的なプロジェクト。マリア役にはキャリー・アンダーウッド、トラップ博士には「トゥルー・ブラッド」のスティーブン・モイヤーが扮していた。

 誰もが知る傑作を生放送で行うという一大イベントは大きな注目を集め、木曜日に同局で放送された非スポーツ番組としては、2004年以来最高の視聴率を達成している。「サウンド・オブ・ミュージック」が大成功を収めたため、早くも来年に向けて別の有名作品の生放送化が検討されているという。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com