フランク・ダラボン監督「ミスト」がテレビシリーズ化?

2013年12月10日

テレビシリーズ化の構想が明らかになった フランク・ダラボン監督作「ミスト」
テレビシリーズ化の構想が明らかになった
フランク・ダラボン監督作「ミスト」
写真提供:アマナイメージズ

 フランク・ダラボン監督がスティーブン・キングの中編小説「霧(原題:The Mist)」を映画化した「ミスト」(2007)を、テレビシリーズ化する構想があることがわかった。

 大物プロデューサーのハーベイ&ボブ・ワインスタイン兄弟が、米ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューで明かしたもの。ワインスタインのテレビ界への進出プロジェクトの一環で、ダラボン監督とともに10話からなるシリーズを開発中だという。

 「ミスト」は、不気味な深い霧に包まれた町の住民たちに、霧の中に潜んだ正体不明の生物が襲いかかるSFホラー。映画版は、原作とは異なる衝撃のラストにより、見たあとに落ち込む“うつ映画ランキング”の常連となっている。

 ダラボン監督は、すでにゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」を成功に導いた実績があり、自らドラマ化にあたるとなれば期待できそうだ。なお、ワインスタインは、「シン・シティ」のドラマ化も企画中であることを明かしている。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com