アメリカで最もCM料金が高いドラマは「ウォーキング・デッド」

2013年10月23日

全米で最もCM料金が高いドラマに なった「ウォーキング・デッド」
全米で最もCM料金が高いドラマに
なった「ウォーキング・デッド」
写真:Everett Collection/アフロ

 アメリカの広告主にスポーツ中継以外で最も人気のある番組が、ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」であることが明らかになったと、米バラエティが報じた。

 これまでスポーツ中継以外で最も人気が高かったのは、オーディション番組「アメリカン・アイドル」だったが、ライバルのオーディション番組「The Voice」の台頭などで人気が下落。一方で、ケーブル局AMCで放送中のゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」の人気が急上昇しており、30秒スポットCMの平均金額が32万6000ドルになったという。

 これは、米CBSの人気シチュエーションコメディ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」の平均金額31万7160ドルを抑えて、第1位の成績。高視聴率に加え、広告主にとって特に重要な18歳から49歳の視聴者層に人気が高いことが理由のようだ。

 バラエティがまとめた、広告主に人気の高いプライムタイム番組トップ10は以下の通り(値段は30秒のスポットCMの平均金額)。

1位「Sunday Night Football」(62万8000ドル)
2位「 Monday Night Football」(40万8000ドル)
3位「ウォーキング・デッド」(32万6000ドル)
4位「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」(31万7160ドル)
5位「アメリカン・アイドル(水曜日)」(28万1600ドル)
6位「The Voice(火曜日)」(27万3714ドル)
7位「ザ・フォロウイング」(26万4300ドル)
8位「The Voice(月曜日)」(25万9240ドル)
9位「アメリカン・アイドル(木曜日)」(25万7926ドル)
10位「モダン・ファミリー」(24万9025ドル)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【ヒーローの日】ロバート・パティンソンが語る、新作の“バットスーツ” 弾痕がありボロボロ、その意図は?

    1

    【ヒーローの日】ロバート・パティンソンが語る、新作の“バットスーツ” 弾痕がありボロボロ、その意図は?

    2022年1月16日 11:00
  2. 【「のだめカンタービレ」連載開始20周年記念】日本映画専門チャンネルで映画&ドラマ版を一挙放送

    2

    【「のだめカンタービレ」連載開始20周年記念】日本映画専門チャンネルで映画&ドラマ版を一挙放送

    2022年1月16日 12:00
  3. 緒方恵美、「劇場版 呪術廻戦 0」で対峙した“ポンコツで優しい主人公”乙骨憂太

    3

    緒方恵美、「劇場版 呪術廻戦 0」で対峙した“ポンコツで優しい主人公”乙骨憂太

    2022年1月16日 18:00
  4. 長澤まさみ&瀬戸康史が語る、「全てのキャラクターに愛情を注ぐ」古沢良太脚本の魅力

    4

    長澤まさみ&瀬戸康史が語る、「全てのキャラクターに愛情を注ぐ」古沢良太脚本の魅力

    2022年1月16日 15:00
  5. 【「ライダーズ・オブ・ジャスティス」評論】シリアスなストーリーなのにほっこり。おかしな理系オタクたちが作品の鍵

    5

    【「ライダーズ・オブ・ジャスティス」評論】シリアスなストーリーなのにほっこり。おかしな理系オタクたちが作品の鍵

    2022年1月16日 09:00

今週