小島よしお「女優と結婚して食べさせてもらいたい」ヒモ亭主願望を告白

2012年7月20日

芸能界サバイバルの秘けつを語った 小島よしおと杉田かおる
芸能界サバイバルの秘けつを語った
小島よしおと杉田かおる

 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮による海外ドラマ「フォーリング スカイズ」のブルーレイ&DVD発売を記念して、7月18日に都内で試写会が開催された。劇中で展開するサバイバルにちなみ、芸能界で生き残ってきた女優の杉田かおるとサバイバルを模索中の小島よしおがトークを繰り広げた。

 人気ドラマ「ER 緊急救命室」のカーター医師役で人気を博したノア・ワイリーを主演に迎えた本作。エイリアンの侵略により壊滅状態となった地球に残された人々の決死の戦いを描く。

 杉田は開口一番「リアルサバイバーの杉田かおるです」と挨拶。7歳で天才子役と呼ばれ、「3年B組金八先生」でも妊娠する中学生を演じ話題を集めるも、その後は浮き沈みを経験してきた。「『金八先生』で相手役だった鶴見辰吾くんから誕生日プレゼントでサバイバルナイフをもらったことがありました。当時から直感でサバイバルな人と思われてたのかも」としみじみと語った。

 芸能界での生き残りについて杉田は「人の言うことを気にしたり、過去の栄光に固執しないこと。人のマネをしてもダメで、他人が失敗した経験を修正していくのが二番煎じにならない生き残りの方法」と持論を展開。「60歳くらいまでこれで生き残っていきたい」と意気込みを語った。

 小島は「世に出たのが5年前ですが、それからずっと芸能界での立ち位置やこれから先について悩んでます」と苦悩を告白。杉田はそんな小島について「5年前に最初に会ったときは上から目線だったけど、会うたびに謙虚になって腰が低くなった。苦労されたんですね」と分析。小島は「削られていまはまん丸です」と苦笑を浮かべていた。

 今後の小島の生き残りについて杉田は「一発当てるってすごいこと。当てたら営業で10年は持つ」と太鼓判を押す。小島がブレイク中のスギちゃんをライバルに挙げると「スギちゃんにできないワイルドでないところでがんばればいい」とアドバイス。小島が数年前から杉田の勧めるオーガニック生活を実践していることに触れ「肌がキレイになっているのでオーガニック系、アンチエイジング系で売れば?」と新たな方向性を提示し、小島も「“よしオーガニック”に改名しようかな」と乗り気だった。

 さらに小島は「いつか女優と結婚して奥さんのおかげで食べられたら」と話し観客の失笑を買ったが、杉田は「日銭を稼げる健康な芸人さんを狙ってる女優は多いですよ」と生々しい言葉で小島の野望を後押し。「モテる芸人は、実際に会うとインテリで優しいなどイメージとの落差を利用している」という杉田の言葉に小島はパンツ一丁のまま「普段は着こんでます」と“ギャップ”をアピールし笑いを誘っていた。

 「フォーリングスカイズ」ファースト・シーズンのブルーレイ&DVDは発売中。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com