ホラーの金字塔「エクソシスト」がテレビシリーズに

2012年5月28日

テレビシリーズになる「エクソシスト」
テレビシリーズになる「エクソシスト」
Photo:Everett Collection/アフロ

 ウィリアム・ピーター・ブラッティの小説「エクソシスト」が、テレビドラマ化されることが分かった。

 米Vultureによれば、エリザベス・オルセン主演のスリラー「Martha Marcy May Marlene(原題)」(2011)で高評価を獲得したショーン・ダーキン監督がメガホンをとり、「ディパーテッド」「ザ・リング」の製作総指揮を務めたロイ・リーがプロデュース。10話からなるテレビシリーズとして制作される。

 傑作と名高い映画版「エクソシスト」(73)では、少女リーガンに取りついた悪魔とキリスト教神父の壮絶な戦いを描いたが、今回のテレビ版では焦点を変え、悪魔が乗り移るまでの過程と、家族たちの生活が一変するさまにスポットを当てるようだ。リーガンや母親クリスなどオリジナルキャラクターがどこまで描かれるかは不明だが、悪魔祓(ばら)いを行うカラス神父は登場するという。

 ちなみに、映画版「エクソシスト」はホラー映画として初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたことで知られており、映画史上最も怖い作品のひとつとして現在も人気が高い。