打ち切り決定「テラノバ」、ネットフリックスで継続か?

2012年3月12日

「テラノバ」制作総指揮のスティーブン・スピルバーグ
「テラノバ」制作総指揮のスティーブン・スピルバーグ
写真:ロイター/アフロ

 スティーブン・スピルバーグが制作総指揮を務めるSFドラマ「テラノバ」の米放映権の獲得に、ネットフリックスが動いているとDeadlineが報じた。

 「テラノバ」は、太古の時代にタイムトラベルし、人類の文明再建を試みる一家の物語で、昨秋に全米放送がスタート。しかし、視聴率が伸び悩んだため、全米放送を手がける20世紀フォックスはシーズン1での放送打ち切りを発表したばかりだ。

 同番組を制作する20世紀フォックステレビジョンは、シリーズ継続のため他局へアプローチをするものと思われていたが、定額制の動画ストリーミングサービスで全米No.1のシェアを誇るオンラインDVDレンタル会社のネットフリックスが獲得に名乗りを挙げた。「テラノバ」は、スピルバーグら大物が制作総指揮に名を連ねているうえに、恐竜などのVFXが多用されているため、制作費の高いドラマとして知られている。

 ネットフリックスは、同社で放送打ち切りになったコメディドラマ「アレステッド・ディベロップメント」を獲得した経緯がある(同番組は2013年から放送開始予定)。