米Yahoo!、独自ドラマの配信を開始 コメディに特化

2012年3月12日

 米Yahoo!が、同社初となるオリジナルドラマの配信を開始したと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

 YouTubeやネットフリックスはすでにオリジナルドラマを配信しているが、Yahoo!はコメディに焦点を当てているのが特徴。かつて、売れないコメディアンが自らの才能をスタジオやエージェンシーに売り込むツールとして動画を作っていたが、いまでは名のあるコメディアンがテレビや映画の制約にとらわれないことを理由に、インターネット動画への出演に積極的だ。

 人気コメディアンのウィル・フェレルが、2007年に出演したオンラインコメディサイトFunny or Dieの短編「The Landlord」は、これまでに7800万回以上再生されている。Yahoo!はこうしたトレンドに着目し、コメディドラマのクリエイターに「Sketchy」と「Funny or Die Presents: First Dates With Toby Harris」の動画制作を要請。月1100万ビューワーを誇る動画サイトYahoo Screenで公開される予定で、今後も番組数を増やしていくつもりだという。