「SATC」前章、新キャリー役が18歳の米女優に決定

2012年3月1日

高校生時代のキャリーを演じるアナソフィア・ロブ
高校生時代のキャリーを演じるアナソフィア・ロブ
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic

 「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリー・ブラッドショーの高校時代を描く新テレビドラマ「キャリー・ダイアリーズ(原題)」で、キャリー役が18歳の米女優アナソフィア・ロブに決定した。

 同作は、「セックス・アンド・ザ・シティ」の原作者キャンディス・ブシュネルによる「The Carrie Diaries」(邦訳:「SEX AND THE CITY キャリーの日記」)を、米CWネットワークがドラマ化するもの。同ネットワークのヒットシリーズ「ゴシップガール」のクリエイター、ジョシュ・シュワルツとステファニー・サベージ、ブシュネルらがプロデュースを手がける。

 ロブはこれまで、「チャーリーとチョコレート工場」「テラビシアにかける橋」「ジャンパー」などに出演。初主演作「ソウル・サーファー」(6月9日日本公開)では、サメに襲われ左腕を失いながらも、プロを目指して再起した実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンを演じている。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com