ブルック・シールズ主演「青い珊瑚礁」がテレビリメイクへ

2011年12月28日

ドラマでリメイクされる「青い珊瑚礁」
ドラマでリメイクされる「青い珊瑚礁」
写真:AFLO

 若き日のブルック・シールズクリストファー・アトキンズが主演した青春映画「青い珊瑚礁」(1980)が、テレビドラマとしてリメイクされることになった。

 南太平洋の孤島に流れ着いた幼い男女が、やがて成長し愛し合うようになる姿を描いた作品で、当時14歳のシールズの美しい肢体が大きな話題を呼んだ。また、その後続編ともいえる「ブルーラグーン」(91)がミラ・ジョボビッチ主演で映画化され、美少女スターの登竜門的作品の位置づけを得た。

 米Deadlineによれば、今回のテレビリメイクは米ケーブルテレビ局ライフタイムの制作で、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと、「シカゴ」「フットルース 夢に向かって」のクレイグ・ゼイダンニール・メロンらがプロデュースを手がける。現在、キャスティング中で、12年2月にプエルトリコでの撮影を予定している。