ポール・グリーングラス監督、スパイドラマをプロデュース

2011年11月22日

「ボーン・アルティメイタム」で知られる ポール・グリーングラス監督
「ボーン・アルティメイタム」で知られる
ポール・グリーングラス監督
写真:ロイター/アフロ

 CIAのスパイを題材にした新テレビドラマに、「ボーン・アルティメイタム」のメガホンをとったポール・グリーングラス監督が、制作総指揮として参加することになった。

 同作は、CIA高官に仕える若いアシスタントたちを主人公にした緊張感あふれるドラマとなる予定で、CIA出身の脚本家ジョー・ワイスバーグが企画。Deadlineによれば、制作総指揮にはブレッド・ラトナー監督の後任として、来年のアカデミー賞授賞式のプロデューサーに就任したブライアン・グレイザーが名を連ねる。

 グリーングラス監督を招へいしたのはグレイザーで、現状ではプロデューサーとしての参加だが、パイロット版の演出を手がける可能性があるという。