「SATC」クリエイター、男性美容師が主人公の新TVシリーズに着手

2010年11月9日

「男性の老い」がテーマ 写真:Splash/アフロ
「男性の老い」がテーマ 写真:Splash/アフロ

 TVシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリエイターで、同映画版でもメガホンをとったマイケル・パトリック・キングが、米NBCで新しいTVシリーズを手がけることが分かった。

 米Deadline Hollywoodによれば、タイトル未定の新シリーズは1時間枠のコメディドラマで、すでにパイロット版の制作にゴーサインが出ているという。主人公は、ビバリーヒルズに住む50代の男性美容師。見た目がすべての美容業界で、若さとセンスをキープしようと奮闘する主人公を通して、「男性の老い」を描く。雰囲気としては、ウォーレン・ベイティがビバリーヒルズのプレイボーイ美容師に扮した1975年の映画「シャンプー」の系譜に連なる作品になるようだ。

 なおキングは、メリル・ストリープサンドラ・ブロックオプラ・ウィンフリーが共演する米ユニバーサル・ピクチャーズの新作映画でもメガホンをとることになっている。