ニール・パトリック・ハリスが映画監督デビュー

2010年10月15日

多才なハリスが監督デビュー 写真:Rex Features/アフロ
多才なハリスが監督デビュー
写真:Rex Features/アフロ

 子役出身の米俳優ニール・パトリック・ハリスが、映画監督デビューを果たすことが分かった。

 ハリスは、米TVシリーズ「ママと恋に落ちるまで(How I Met Your Mother)」に出演中。トニー賞とエミー賞のホストを務めるなど、多才なことで知られている。

 米ハリウッド・レポーター誌によれば、ハリスが初監督を務めるのは、ロマンチックコメディ「アーロン・アンド・サラ(Aaron and Sarah)」。主演にエマ・ロバーツとジョシュ・ハッチャーソンが決定している。

 高校の同級生だった人気者の女の子(ロバーツ)とオタクの青年(ハッチャーソン)の4年にわたる関係を描くコメディ。米ドラマ「プッシング・デイジー/恋するパイメーカー」のチャド・ゴメス・クリージーとダラ・レズニック・クリージーが脚本を手がけた。