「Glee」に「ロッキー・ホラー・ショー」キャストが出演

2010年9月16日

カルト的人気を誇る「ロッキー・ホラー・ショー」 写真:Album/アフロ
カルト的人気を誇る「ロッキー・ホラー・ショー」
写真:Album/アフロ

 9月21日にシーズン2プレミアを迎える、米FOXの大ヒットシリーズ「Glee」第6話のトリビュートテーマに、1975年のカルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」が決定し、2人のオリジナルキャストがゲスト出演することが分かった。

 米オハイオ州の高校のグリークラブを舞台にしたミュージカルコメディ「Glee」は、毎回マドンナやレディー・ガガなど特定のアーティストや、さまざまな音楽ジャンルにオマージュを捧げるミュージカルシーンが話題を呼んでいる。

 米E!によれば、10月26日に放送予定のシーズン2第6話では、リチャード・オブライエンの舞台を映画化したホラー・ミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」をカバー。同作で古城に迷い込むカップルの男性ブラッドを演じたバリー・ボストウィックと、エディ役のロックシンガー、ミートローフのゲスト出演が決定した。2人は、チアリーディング部の鬼コーチ、スー・シルベスター(ジェーン・リンチ)に「ある興味深い企画」を持ち込むTV局のディレクターに扮するという。

 また、カップルの女性ジャネットを演じたスーザン・サランドンも出演に意欲的だという。一方、このスクープを報じたE!のコメント欄には、城の主フランケン・フルターを演じたティム・カリーの出演を切望するコメントが殺到している。ちなみに、「Glee」の高校教師ウィル・シュースターを演じているマシュー・モリソンは、2000年のブロードウェイリバイバル版「ロッキー・ホラー・ショー」に出演した経験を持つ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com