ジェニファー・アニストン「フレンズ」同窓生とTVで再共演

2010年8月24日

実生活でも親友のふたり 写真:Photofest/アフロ
実生活でも親友のふたり 写真:Photofest/アフロ

 ジェニファー・アニストンが、ブレイクのきっかけとなったTVシリーズ「フレンズ」の“同窓生”と、TVで再共演することが分かった。米ABCが発表したもので、アニストンの出演が決定したのは、「フレンズ」の主人公のひとり、コートニー・コックスが主演を務める「クーガー・タウン」のセカンドシーズン・プレミア。アメリカでは9月22日に放送される。

 同作製作総指揮のビル・ローレンスによれば、アニストンはコックス演じるヒロインのプライベートに介入しすぎる、おせっかいな精神科医に扮するという。ふたりが2004年の「フレンズ」終了後に共演するのは2度目で、07年にもコックス主演のドラマ「Dirt」にゲスト出演している。

 ローレンスは、「ふたりは実生活でもとても親しく、お互いのためなら何でもする間柄ですね」と語り、今回の精神科医役もふたりでキャラクターづくりを話し合っていたと明かした。アニストンは、今後も同じ役で同作に出演する可能性があるという。「クーガー・タウン」は、コックス演じるセクシーな子持ちのバツイチ女性の生活を描くコメディ。日本ではFOXライフで放送中。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com