日本のアニメスタジオが、米人気ドラマを完全アニメ化

2010年8月6日

「スパナチュ」がさらに進化
「スパナチュ」がさらに進化
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
All rights reserved.

 イケメン兄弟の活躍を描く米人気TVシリーズ「スーパーナチュラル」を完全アニメ化した「スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」の特報が公開された。

 「サマーウォーズ」などで知られる日本のアニメスタジオ、マッドハウスが日本語版アニメーション全22話を制作。実写版のシーズン1~2にあたる、兄ディーンと弟サムが母の死の真相を探るため悪魔狩りの旅に出るストーリーをスリリングに描く。また、実写では不可能だったアニメならではの映像表現を生かし、父ジョンの失踪中のストーリーや、サムとディーンの子ども時代をつづった前日譚など、新たな解釈を加えたオリジナルエピソードも数多く収録する。

 7月に米サンディエゴで開催されたコミコンでは、実写版製作総指揮のエリック・クリプキが、ファンの注目を集めるアニメ版について「スーパークールだ!」と興奮しながらコメント。また、ディーン役のジェンセン・アクレスとサム役のジャレッド・パダレッキが、2つのエピソードで英語版の吹き替えを務めることが発表された。

 2011年1月12日にリリースされる「スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」のブルーレイ&DVDには、アクレスとパダレッキの英語版吹き替えが特典として収録される。予約受付は8月6日から。

 実写版「スーパーナチュラル」は、シーズン5が9月8日よりレンタル開始。