負債1億円のパメラ・アンダーソン、ノーブラ&Tバックにスカーフ1枚で登場

2009年9月28日

服を買うお金もない?
服を買うお金もない?
Photo:Rex Features/アフロ

 「ベイウォッチ」のセクシー女優パメラ・アンダーソン(42)が約110万ドル(約9760万円)の負債を抱え、債権者から自宅の差し押さえ請求を受けたことが明らかになった。米ピープル誌が報じた。

 米カリフォルニア州ロサンゼルス郡で提出された書類によると、アンダーソンのマリブの自宅の改築を請け負った5つの建設会社が、アンダーソン邸の差し押さえを求めているという。いずれも改築費用が支払われていないとするもので、そのうちの1社は「母屋の改築、プールの新築、ゲウトハウスの基礎工事の人件費と資材費」67万4043ドルが未払いだと主張している。

 またアンダーソンは、上記に加えて25万2360ドル(約2240万円)の州税と延滞金を滞納しているという。

 このニュースが報じられるのと前後して、アンダーソンはニュージーランドで行われた彼女と友人リッチー・リッチが立ち上げた新ブランド「A*Muse」のファッションショーにモデルとして出演。ノーブラ、Tバックに透ける素材のスカーフをまとっただけの姿を披露して、こちらも話題を呼んでいた。