「HEROES」ヘイデン・パネッティーアが新作コメディでヌードに!

2009年6月29日

ヌードは女優の通過儀礼なのかしらん
ヌードは女優の通過儀礼なのかしらん
Photo:アフロ

 人気TVシリーズ「HEROES/ヒーローズ」の不死身のチアリーダー、クレア・ベネット役で知られるヘイデン・パネッティーア(19)が、新作コメディ「アイ・ラブ・ユー、ベス・クーパー」(7月10日公開)の中でヌードを披露していることを米E!オンラインに明かした。

 同作は、「ホーム・アローン」や「ハリー・ポッターと賢者の石」で知られるクリス・コロンバス監督の学園コメディ。パネッティーアは、卒業式の総代に選ばれた男子学生デニス・クーバーマン(ポール・ラスト)から、スピーチで思わぬ愛の告白を受ける学園の人気者ベス・クーパーを演じている。問題のシーンはロッカールームの場面で、ベスが裸の上に巻いていたタオルが落ちて、彼女のヌードがチラリと見えるのだ。

 「私は本当に裸だったの」と語ったパネッティーアは、そのシーンでボディダブル(ヌード用の代役)も立てず、肌色のボディストッキングを着けていなかったことを力説する。「私はバストにちっちゃな花びらのシールを着けていたけど、裸だった」と語ったが、そんなヌードシーンでさえ、父親に「露出狂か」と言われたという。

 映画の中でまだヌード全部を見せたくはないというパネッティーアは、「私のボディはたしかにイケてるし、服を着けないでクルッと回っても結構イケてると思う。けれども、パーソナルなままにしておきたい物事ってあるでしょう」と含み笑いし、「30歳ぐらいになったら、『やるなら今よ、全部脱いじゃえ』なんて考えるかも」と語った。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com