大熱狂の英オーディション番組、スーザン・ボイルの次はこの天才少女に注目!

2009年5月14日

表情も歌声も愛らしいコニーちゃん
表情も歌声も愛らしいコニーちゃん
Photo:Rex Features/アフロ

 英ITVで現在放送されている公開オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain's Got Talent)」が、大盛り上がりを見せている。

 07年のシーズン1は、アマチュアのオペラ歌手で携帯電話のセールスマンをしていた“ブサメン”、ポール・ポッツが優勝し、デビューアルバム「ワン・チャンス」はミリオンセラーを記録した。

 シーズン3となる今年は、独身で“1度もキスされたことがない”という47歳の垢抜けない中年女性、スーザン・ボイルが思わぬ美声を披露。迫力ある歌声は、辛口審査員のサイモン・コーウェルをもうならせ、会場全員がスタンディングオベーションを送り、米大御所司会者オプラ・ウィンフリーの番組にもゲストとして呼ばれるなど、一躍“時の人”となっている。

 もう1人、話題となったのがシーズン1の決勝で惜しくもポッツに敗れた当時6歳のキュートな天才少女、コニー・タルボットちゃんだ。乳歯の前歯が抜けたあどけない表情でマイクを握るコニーちゃんが歌った「サムウェア・オーバー・ザ・レインボー」の透き通るような歌声は、審査員のアマンダ・ホールデンが涙を流したほど。07年11月にリリースされたコニーちゃんのデビューアルバム「オーバー・ザ・レインボー」は世界中で25万枚以上を売上げたが、いよいよ日本でも5月27日より同アルバムが発売されることになった。

 アルバム「オーバー・ザ・レインボー」には、彼女の十八番である「サムウェア・オーバー・ザ・レインボー」をはじめ、「イマジン」「ワンダフル・ワールド」「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」など名曲の数々が収録されている。

 なお、放送中の「ブリテンズ・ゴット・タレント」シーズン3は、ボイルの強力なライバルとなる12歳の少年シャヒーン・ジャファゴーリくんが登場しており、決勝の行方が注目される。