キーファー・サザーランドが暴行。原因はブルック・シールズ?

2009年5月7日

かなり酒癖が悪い?
かなり酒癖が悪い?

 「24」のジャック役で知られるキーファー・サザーランドが、5月4日深夜、マンハッタンにあるバーで行われていたパーティで、ファッションデザイナーの男性に頭突きをくらわせ、怪我を負わせていたことが分かった。米ピープル誌ほか複数のメディアが報じている。

 サザーランドに頭突きをされ、一説によると鼻の骨を折ったと伝えられるのは、ニューヨークのファッションブランド、プロエンザ・スクーラーの共同創設者でデザイナーのジャック・マッコロー。ちょうどこの日は、毎年、展覧会の企画に合わせた衣装で着飾ったセレブが集まることで注目されるNYメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュート・ガラが開催された日で、事件の現場となったのは、そのアフターパーティ会場だったようだ。

 報道によると、サザーランドが女優のブルック・シールズと談笑中に、シールズの友人でもあるマッコローが割って入り、それに怒ったサザーランドがいきなりマッコローに頭突きしたという。しかし、3者の言い分が全て食い違っており、サザーランド側は、マッコローがシールズをはり倒したため、彼女を守ろうとしての行為だったと主張する一方で、シールズの代理人は、「ジャックは何も変なことをしていないし、なぜキーファーがあんなことをしたのか分からない」と語っている。

 さらにマッコローの代理人は、「ジャックを知る人間なら誰でも知っている通り、彼はハエ一匹殺せないような人間。ジャックはいわれのない攻撃を受けた、たちの悪い暴力事件の被害者である」とピープル誌にコメント。全ては警察の捜査に委ねていると語った。

 サザーランドは事件当時かなり酔っていたとも伝えられ、以前起こしたDUI(薬物やアルコール影響下での運転)の罪でまだ保護観察中の身であることから、今回の事件がその違反行為とみなされる可能性もあるという。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com