男性ファンがお仕置き嘆願!「ギャラクティカ」セクシー美女グレイス・パーク

2009年2月6日

セクシーな風貌で 日本でも男性ファンが多いパーク ヘアメイク・岩崎恒平/スタイリスト・丸繁則
セクシーな風貌で
日本でも男性ファンが多いパーク
ヘアメイク・岩崎恒平/スタイリスト・丸繁則

 05年にスタートした米Sci-Fiチャンネルの大ヒットTVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」で、空母ギャラクティカのパイロットでありながら人型サイロンでもあるシャロン・バレリー、通称“ブーマー”を演じる韓国系アメリカ人女優グレイス・パークにインタビューした。

 「ギャラクティカ」は、人類が自ら作り上げ酷使してきた機械生命体サイロンが、核攻撃による反乱を開始し、人間たちは生き延びるためにギャラクティカに乗って宇宙に旅立つというストーリー。

 78年のオリジナルシリーズ「宇宙空母ギャラクティカ」に比べ、一段とダークに、サバイバル・アクションの要素が濃くなった本作について、パークは「撮影前に海兵隊のブートキャンプに参加したの。郊外で行われるから、街に逃亡することもできないのよ(笑)。フライトスーツを着て“MRE”というミリタリー食を食べるプログラムからスタートしたわ。あとは森の中で目隠しをされたままワイヤーに吊られたり、絡まっているロープを解く訓練をしたの。(ジェイミー・バンバーが演じる)大尉“アポロ”に対しては、丁寧な言葉で話すようにしたり、行進や敬礼の仕方も練習したわ。チームの誰かが忘れ物をしたら連帯責任をとらされたりして、互いを助け合う団結も生まれた」と本格的なトレーニングを積んで撮影に参加したようだ。

 美しく勇ましい“ブーマー”には男性ファンも多く、取材の場では男性記者から「殴って!」「首を絞めて!」といった注文を受けることもあるのだとか。米情報誌のTV史に残るSFドラマにランクインするなど、リメイク作品としては類を見ない高評価を得ている点ついては、「オリジナルで男性だった役柄(“スターバック”や“ブーマー”)が女性になっているし、戦闘モノでありながら女性も平等に活躍している。SFだからといってエイリアンや惑星をフィーチャーするのではなく、愛憎や希望などヒューマンドラマに焦点を当てている奥深いストーリー展開が魅力だと思う」とのこと。

 「X-ファイル」や「スターゲイト」など多くのSFドラマが作られたカナダ・バンクーバー在住の彼女。これまでにも「ダーク・エンジェル」や「デッド・ゾーン」などのSF/アクション作品に出演してきたが、今後は違う分野にも挑戦したいという。「でも、ボンドガールのオファーが来たら、もちろんアクションもやるわ!」

 「GALACTICA/ギャラクティカ」はシーズン2のDVDボックス1&2が発売中。シーズン1は日本テレビで毎週火曜深夜放送中。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com