「特攻野郎Aチーム」は2010年公開決定。シングルトン監督は降板

2008年10月28日

痛快娯楽アクションだけにキャストが楽しみ Photo:Photofest/アフロ
痛快娯楽アクションだけにキャストが楽しみ
Photo:Photofest/アフロ

 80年代に米NBCで放送され絶大な人気を博した痛快アクションTVシリーズ「特攻野郎Aチーム」の劇場映画版「The A-Team」を長年企画・開発している20世紀フォックス映画が、09年6月の全米公開を目指してジョン・シングルトン監督があたっていた同作プロジェクトから、同監督の降板を決定した。これに伴い、公開は1年遅れの2010年6月11日公開となった。

 米業界誌バラエティによると、降板&公開延期の理由は脚本をもう少し手直しする必要があるためらしい。これまでは「ウォンテッド」の脚本家コンビ、マイケル・ブラントデレク・ハースが執筆した脚本をもとに、シングルトン監督が映画化を進めていたが、この降板劇により、新たな監督の人選に入ることになる。

 なお、キャスティングに関するフォックスからの正式発表はまだないが、人気TVシリーズの映画化企画だけあって、今年初頭の段階ではマードック(オリジナル版はドワイト・シュルツ)役にウッディ・ハレルソンブルース・ウィリス、今年7月の段階でハンニバル(ジョージ・ペパード)役にメル・ギブソン、マードック役にジム・キャリー、フェイス(ダーク・ベネディクト)役にクリスチャン・ベール、コング(ミスター・T)役にビング・レイムス、今年9月の段階でコング役に「トランスフォーマー」のタイリース・ギブソンなど、さまざまなビッグネームの名前が取り沙汰されてきた。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com