リアリティ番組の“最優秀悪役賞”に「アメリカン・アイドル」のあの人

2008年7月25日

「アメリカン・アイドル」の審査員、左からランディ・ジャクソン、ポーラ・アブドゥル、サイモン・コーウェル
「アメリカン・アイドル」の審査員、左からランディ・ジャクソン、ポーラ・アブドゥル、サイモン・コーウェル

 [ロサンゼルス 24日 ロイター] 米TV情報サイトAOL Televisionが行ったリアリティ番組に関する調査の結果、FOXの人気番組「アメリカン・アイドル」の辛口審査員として知られるサイモン・コーウェルが“最優秀悪役賞”に選ばれた。

 約130万票を集めて行われた今回の調査で、コーウェルは全体の39%を得票して堂々一番人気の悪役に。

 「アメリカン・アイドル」は33%の支持を受けて“最優秀リアリティ番組”に輝いたほか、同番組の審査員の中では一番出場者に対して優しいポーラ・アブドゥルが、その優しさがあだになったか42%を得票して全リアリティ番組中の“最低審査員”にも選ばれている。

 一方、34%の票を獲得して“最低リアリティ番組”となったのは、ラッパーのフレーバー・フラブのデート番組「フレーバー・オブ・ラブ」。57%が最も出場したくない番組にも上げている。反対に出場してみたい番組は32%を得票した「アメージング・レース」だった。

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。